聖守護者の闘戦記

ドラクエ10聖守護者の闘戦記情報 バージョン4.1追加コンテンツ

更新日:

スクリーンショット (112)

2018年3月13日のドラクエTVより、バージョン4.1追加コンテンツの情報が公開されました。

中でも注目なのはハイエンド向けのバトルコンテンツ『聖守護者の闘戦記』です。

 

強い敵が出てくると言う事で、楽しみにしているユーザーも多いと思います。

ここでは、ドラクエTVで公開された情報をまとめてみました。




聖守護者への参加条件

参加条件は2つあります。

 

1つはどれか1つの職業のレベルが90以上である事。

もう1つは、ガートラントでクエスト『聖守護者の導き』を受注し、クリアする事になります。

 

『破魔石』を獲得する

スクリーンショット (113)

常闇ボスに行くには『竜牙石』が必要でしたが、聖守護者に行くには『破魔石』が必要になります。

破魔石は特定モンスターを討伐するとドロップし、守護者に行くには10個必要になります。

 

対象モンスターは

  • しにがみのきし
  • バロンナイト
  • ベルフェゴル
  • トロルキング
  • バッファロン

になります。

 

ドロップはノーマルドロップになるので、盗賊の盗むが適用されます。

また、腕装備などの通常ドロップの効果も含まれます。

竜牙石のように破片はなく、現物のみになり、バザーでの売買も可能です。

 

まもの使いと盗賊をPTに入れて、獲物呼びをしながら盗むのが良さそうです。

なお破魔石はクエストをクリアしてなくてもドロップすると言う事です。

 

聖守護者のバトルについて

スクリーンショット (114)

とある場所にある『導きの水晶』からバトルがスタートします。

ボスの強さは1~3までの3段階という事で、初日は1からスタートになります。

常闇同様に朝6時に強さが更新されます。

 

常闇は1~4の4段階でしたが、2と3はほとんど遊ばれていないと言う事でした。

そのため、聖守護者は1~3までの3段階に設定されました。

 

導きの水晶に触れると、本日の強さがいくつなのか教えてくれると言う事です。

ちなみに3はかなり強いらしいです。

 

聖守護者のボスについて

スクリーンショット (115)

聖守護者のボスは『冥骸魔レギルラッゾ』『獣魔ローガスト』の2体になります。

常闇と同じように戦闘時間の制限があり、上限は20分になります。

時間内に倒さないと討伐失敗になります。

 

恐らくボスの系統は『けもの系』『ゾンビ系』なのではと思います。

 

聖守護者の報酬アイテム

スクリーンショット (116)

討伐すると『紫水晶の羽』が入手できます。

報酬を集めると傘枠の防備となる『羽』と交換する事が出来ます。

種類はいくつかあると言うことです。

 

聖守護者の闘戦記の準備

ボスの系統が『けもの系』『ゾンビ系』の可能性が高いので、けもの系とゾンビ系のダメージアップが付いているベルトがあると良いと思います。

 

討伐する構成は『戦士』『戦士』『道具』『僧侶』とかになるのではと思います。

片手剣の『天恵石のつるぎ』が獣系ダメージ+15%なので、今のうちに購入しておくのも良いかも知れません。

また、戦士で討伐に行くとなったら防具は鉄壁セットが強いのではと思います。

 

必要な耐性については発表がありませんでしたが、『ブレス』『毒』『呪い』『マヒ』辺りが必要そうな感じがします。

 

聖守護者の闘戦記まとめ

配信されるのは4月中旬予定になります。

 

参加するには、レベル90以上の職業があり、ガートラントで受注するクエストをクリアする必要があります。

また、特定のモンスターを倒すとドロップする『破魔石』が10個必要になります。

 

聖守護者のボスの強さは1~3の3段階となり、初日は1からスタートとなります。

常闇同様に朝6時にボスの強さが変更となります。

 

報酬アイテムは傘枠の装備となる『羽』になります。

 




-聖守護者の闘戦記

Copyright© ドラクエ10竜道記 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.